東大阪市・八尾市・大東市・柏原市で頭痛・脳卒中・脳梗塞・認知症なら『東大阪みき脳神経外科』へ。MRI検査、パーキンソン病、頚椎症の診断、腰痛の診断、痺れ、物忘れなどに対応いたします。

頚椎椎間板ヘルニア(頚椎ヘルニア)

症状が出た場合、
早期に医療機関の診断を受けることが重要です

頚椎椎間板ヘルニア(頚椎ヘルニア)

頚椎椎間板ヘルニアは、頚椎(首の部分の椎骨)の椎間板が損傷し、その内部のゲル状の物質が椎間板から漏れ出す状態を指します。
通常、椎間板は椎骨と椎骨の間に位置し、脊髄や神経根を保護し、柔軟性を提供します。しかし、椎間板が損傷すると、その一部が椎間板の外側に出てしまい、周囲の神経組織に圧迫をかけることがあります。

PAGETOP
Copyright © 2024 東大阪みき脳神経外科クリニック All Rights Reserved.