東大阪市・八尾市・大東市・柏原市で頭痛・脳卒中・脳梗塞・認知症なら『東大阪みき脳神経外科』へ。MRI検査、パーキンソン病、頚椎症の診断、腰痛の診断、痺れ、物忘れなどに対応いたします。

脳動脈瘤

『脳動脈瘤』は
日本国内人口の
約3%の方が保有していると言われています

くも膜下出血

脳動脈瘤は脳血管の枝分かれした部分へ血流の負荷がかかり、血管壁が弱くなることで形成される風船状変化のことを言います。
日本国内では珍しい病気ではなく、人口の約3%の方が保有していると言われています。
そのためMRI検査や脳ドックなどで偶然指摘されるケースもあります。

脳動脈瘤が破れていない場合は『未破裂脳動脈瘤』と呼び、破裂した脳動脈瘤を『破裂脳動脈瘤』と呼びます。
『未破裂脳動脈瘤』の状態の場合は無症状であることが多く、突然破裂してくも膜下出血を起こすと、残念ながら約半数の方が死亡し、残り半分の方の殆どは重篤な後遺症が残り社会復帰が困難になる恐ろしい疾患です。
このため破裂する可能性が高いと考えられる未破裂脳動脈瘤については早期の治療が必要となります。

定期的にMRI検査を受け、脳動脈瘤が潜んでいないかどうかを確認しておくことが重要です。

PAGETOP
Copyright © 2024 東大阪みき脳神経外科クリニック All Rights Reserved.